金融商品は安全、流動性、収益率をチェック

金融商品は金融機関で取引される商品のことです。取り扱っているのは銀行、証券会社、保険会社などで、商品には預貯金、投資信託、株式、債券、各種保険などがあります。

どのような商品を利用すれば目的に叶うのかは、金融商品の特徴を踏まえて、安全性、流動性、収益性の3つの角度から検証をすることです。まず安全性ですが最終的に元本割れをしてしまう商品は安全性は低いと考えられます。ローリスクハイリターンというふれ込みの商品には注意が必要です。

そして、必要な時にはすぐに換金できるのかどうかが流動性です。なかには、運用期間が固定されていて途中解約ができない商品があります。緊急に資金が必要になった場合には利用できませんので、資産運用をする場合にはこの点に考慮しなければなりません。収益については、市場の値動きや経済状況が大きく左右します。

購入時の予測通りに収益が上がる確率は高くはありません。安全で流動性があり高い収益が上がる全てに完璧な商品はありません。どの点に重きを置いて商品の購入をするかということになります。

流動性のある商品には、普通預金、貯蓄預金、貯金、MMF、MRFなどがあります。収益性の高い商品には自動積立定期預金、オート定額貯金、積立貯金、公社債投信、財形貯蓄、純金積立などがあります。

比較的安定した収益が得られる商品は定額貯金、通知預金、割引金融債、変動金利定期預金、長期国債、公社債投信などです。そしてハイリスクの商品は株式、転換社債、株式ミニ投資、オープン投信、外国債券、外貨預金などです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ