金融政策で最優先されるべき案件は物価の安定

物価の高騰や市場経済の乱高下、インフレ、デフレなどがあると国民の生活は安定しません。経済が安定して円滑に運営されるように、日本銀行は利子率を変えることによって通貨の供給量をコントロールします。これによって経済状況の改善をはかるのですが、これを金融政策といいます。

通貨の供給量のコントロールはインフレやデフレに関連しています。供給量が多ければ市場で余ってしまい物価の高騰を招きます。逆に通貨が少なすぎる場合には、物価が下落をしますのでデフレになるのです。極端なインフレやデフレの状態が続くと経済活動滞って、最終的に崩壊につながりますのでコントロールが必要となるのです。

また、金融緩和措置も大切な政策のひとつです。市場で通貨が動かないということは経済活動が停滞しているということです。売買が活発に行われて、生産活動も増えることで経済が活性化します。

このためには、金利を下げて通貨の供給量を増やすことが必要です。逆に物価が高騰を続けている場合には、供給量を減らして金融の引き締めを行ないます。緩和と引き締めを効率よく行うことで、経済の活性化と安定を目指します。

金融政策には、物価の安定、雇用水準の維持、経済成長の維持、国際収支の均衡、為替レートの安定がありますが、最優先される案件は物価の安定です。国内の物価が安定して推移することは、長期的なスパンで考えると結果的には安定雇用を生み、経済成長につながると考えられるためです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ