お金を借りても、預けても必ず金利がついて回る

金融機関を利用すると金利がついて回ります。銀行や郵便局でお金を借りるときには、必ず元金に対して手数料や使用料が必要となります。お金を用立ててもらう場合、貸す方は商売ですからタダでは貸してくれません。利子を支払う必要があります。たいていは年率に換算して計算されています。逆にお金を預けた場合にも利子が付きます。

これは、預けた側が金融機関に対して融資をしているという考え方になります。タダで預けるわけにはいきませんので、お礼として利子をつけてもらうわけです。
金融機関の方は、預貯金として預かったお金をそのまま寝かしているわけではありません。

他に貸し出したり融資をしたりすることで、やはり利子を支払ってもらい運用しているのです。お金は動かすことで利子を生んで増やすことができるのです。資産運用をするならば、利回りの良い商品に預けるのが一番良いのです。

利回りの低い預金はメリットは低いのですが、融資を受ける場合には有利となります。
貸出金利には長期と短期があります。1年以上の貸し出しは長期で10年ものの国債の利回りが指標になっています。さらに、住宅ローンの目安もこれらの利回りから算出されています。

また、利子の上昇は経済成長や物価の変動、国債の増発が影響を及ぼし、短期より変動リスクが高くなります。短期の利回りの水準がインフレやデフレをおこすリスクは低く、日銀のコントロールもしやすいことから政策金利の目標値とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ