クーリング・オフは8日以内に内容証明郵便で

クーリング・オフとは、一度契約をしたものの破棄したいと考えた場合に利用できる制度です。この制度の利用には条件がありますが、契約してからの期間、利用する金額などの条件を満たしていれば無条件で契約の解消ができます。基本的には訪問販売・電話勧誘によって締結したものについての解除制度となっています。

商品やサービスを提供している販売者は契約を取るのに必死ですから、熱心に勧誘をすることもあります。根負けをしたり、その場の雰囲気にのまれてサインをしてしまったりすることで、消費者が不利な立場になることがあります。この制度は消費者を保護するために制定されました。

基本的にクーリング・オフの対象となる契約は支払いが高額になるものが多く、分割による支払いが長期になります。そのため、冷静になって考えると契約解除が妥当という結論に達することがあるのです。クーリング・オフの制度を活用すると、自己負担することなしに撤回することができるのです。

解約できる条件は、購入の申し込み日・契約書を受け取った日を含めて8日以内となっています。企業によってはもう少し長期の期間を設けていることがあります。8日の期限は最短と考えてよいでしょう。書面に必要事項を記載し、内容証明郵便を利用して業者に郵送すればよいのです。

商品を販売しているメーカーや販売会社で返品・交換・解約ができないという但し書きがある場合には利用しない方が安心です。消費者を守る法律があったとしても業者が従わないこともあり、トラブルに発展する可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ