キャッシュレス時代にはクレジットカードが便利

キャッシュレスで生活できる時代になっています。お金がなくても生活できるということではなくて、現金を持たなくても生活をすることができるという意味です。ある統計によれば、単純計算で国民一人当たり2枚のクレジットカード所持している計算になるという結果が出ています。

1枚持っているだけで、日用品の購入はもちろん、一括では購入できないような高価な商品も手に入れることができますので、多くの人が利用しています。また、発行している会社ごとに異なるサービスを展開していますので、上手に利用すれば購入ポイントで利息を補ったり、欲しい商品を手に入れたりすることができます。

クレジットカードには発行している会社によって種類があります。たとえば、銀行系、流通系、信販系、石油系など多くの店舗が加盟をして発行しています。このうち最近人気があるのが流通系です。デパートやスーパーなど主婦層が良く利用する店舗が発行しています。

このため、これまで所有することに躊躇している人や審査を通過するのが難しい人でも利用しやすいという特徴があります。
気軽に利用することができるのですが、後払いであり、引き落とし日などを忘れてしまうと、請求書が届いた時に驚いてしまうこともあります。

分割払いもできますが、手数料が必要となりますので実際の価格より商品にかかる代金は高くなってしまいます。クレジットカードはお金を支払っているという感覚が希薄になってしまいますので、衝動買いなどには注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ