クレジット契約の個別方式は1回の利用で1契約

クレジット契約には個別方式とカード払い方式があります。クレジットによる支払いは割賦販売の方法のひとつです。購入しようとする商品やサービスが現金または一括払いでは無理な場合、これらの方法を利用すると必要な商品を手に入れることができます。申込書に必要事項を記載して販売店で手続きを行ないます。

利用できるのはその店舗が契約している信販会社のみです。
まず、販売店は分割の申し込みがあった場合に、信販会社に連絡をします。信販会社では申し込み者の支払能力や支払実績などを調査し、問題がなければ代金を一括で販売店に代理で支払います。

この時点で、販売店と購入者の間には代金の貸借関係はまったくなくなります。契約成立後には購入者は信販会社に対して返済をすることになるためです。万が一、購入商品やサービスに対して不具合や不備が発生した場合には、信販会社経由で受け付けます。

また、契約は購入した商品にのみ有効となりますので、完済すれば契約は終了します。個別支払方法では、1回の利用ごとに1契約をする必要があります。
一方のカード払い方式はクレジットカードを利用して支払う方法です。

すでにカードを所有していればそれを利用して商品の購入をすることができます。契約によっては分割払い、リボ払い、一括払いを利用することができます。ただし、支払いできる金額や回数には上限がありますので、商品やサービスによってはカード払いができないこともあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ