源泉徴収制度は国が税金を集めやすくするための制度

源泉徴収は一般の会社員なら年末の最後の給料明細添付されていることが多いので、ある意味よく知られている言葉です。企業や商店など給与を支払う立場にある場合、所得税、住民税、社会保険料、雇用保険など支払金額から差し引いて国に納めています。給与所得者は所属する企業などを通して税金などを納めているのです。

アルバイト・パート従業員も納税していることが多いです。簡単に言えば、源泉徴収制度は所属する企業を介して国に税金を納める制度になります。
しかし、企業を通じて支払った金額以外に所得控除になる項目があります。

人によって支払っている額が異なるために年末調整を行って、個人の国に対する負担額を軽減しているのです。たとえば生命保険料、個人年金料などがそれに当たります。また、給与所得以外に収入があった場合には確定申告をして所得の修正をすることが必要です。

給与所得者でない場合、収入から税金の徴収がされないことがほとんどです。このような場合には確定申告を利用して、収入と支出の申告を行なうことで国に治めるべき税金の額が決定します。たとえば株や債券からの報酬があった場合、生命保険金を受け取った場合に税金がかかります。退職金や年金も対象となります。

この制度の目的は、税金を効率よく徴収することで、国にとって有効な制度なのです。しかし、給与所得者はすでに税引き後の報酬を受け取っているので、納税意識が希薄になっているという弊害も生まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ