国債は最も安全で信頼性の高い資産運営方法

最も安全な資産運用方法は国が発行する債券である、という人がいます。国が発行する債券は国債と言いますが、元本・利息の支払いを国が保証していますので、信頼度が高いのです。財源は国民から徴収する税金だけでは絶対的に不足しています。

そのため、国は国が発行する債券を売って得た利益で、国家財源の不足分や赤字分の補填に利用して、公共事業などの実現をしているのです。国債には利息、償還期限、発行目的などによって種類があります。

固定利付債は半年ごとに利子が支払われ、償還時には額面の金額の支払いがされます。また、額面より安い価格で購入をして、償還時に額面の金額を受け取ることができるのが割引債です。この他に物価連動債、変動利付債などがあります。この固定利付債に加えて、変動利付債や割引債、物価連動債などがあります。

それぞれ支払われる利子の金額や計算の方法が違うため、資産運用をする際にはどれが一番自分や今の経済状況に合っているのかを見極める必要があります。
発行目的によって分類すると6種類になります。建設、特例、年金特例、復興、財政投融資特別会計、借り換えです。建設用は道路、港湾などの公共事業用です。

特例というのは税収の不足の補填をします。年金特例は、基礎年金の国庫負担分として利用されます。復興は東日本大震災の復興用、財政投融資特別会計は、特殊法人への融資用です。そして満期を迎える国債の償還のために借り換えが販売されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ