独立行政法人国民生活センターは消費者の味方

国民生活センターは独立行政法人です。設立された目的は、国民が安心した生活を営むことができるように多角的な方面から消費者の保護をおこなっています。たとえば、衣食住をはじめとする消費生活全般に関する製品、商品、サービスに対する問い合わせ、苦情、相談などを受け付け、問題の解決のための支援をします。利用料かかりません。

また、トラブルがあった商品やサービスについての情報を掲載・開示しています。多くの消費者がトラブルから回避できるように、パンフレット、資料を用意したり、ホームページに情報を掲載したりしています。

また、食品に含まれる成分を分析して所品の安全性を確認する、食品・製品などの品質や性能検査もおこなっています。国民生活センターは日本全国の消費生活センターとネットワークが組まれています。日本全国に寄せられた生活に関わる情報や苦情、トラブルを集結させて、詳細な情報の収集や分析をすることができます。

これらの情報は積極的に発信されて消費生活が安全なものになるように努めています。
集約された情報は月刊国民生活、くらしの豆知識、国民生活研究、消費生活年報などの出版物によって発信されています。

また、テレビなどのマスメディア、公式ホームページ上などからも情報が広く伝えられています。情報が発信されていても消費者が積極的に受信をしなければ役に立ちません。国民生活センターを効率的に利用することで、安心して生活をすることができるようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ