コーポレイトガバナンスは株主のためのシステム

コーポレイトガバナンスは経営者が正しい経営を実行するための規制で、株主に不利益にならないような経営をしているかかということを監視することなのです。株式会社というのは株主が会社の経営に必要な資金を提供することで成り立っている会社システムです。

基本的に株主が経営に携わることはありませんので、健全な経営を監視することは利益を守るためには必要なのです。
株式会社の経営者は企業経営を行ない、収益を上げる責務があります。業績が悪化して損益が発生することで負債を抱えるのは株主です。

経営者は会社の存続と発展のために業務をすることはもちろんですが、株主に利益を配当できなければ会社の存続の危機になることもあるのです。

コーポレイトガバナンスは経営者に対して経営状況をモニタリングする仕組みではあるのですが、別の角度から考えてみると会社経営においてのリスクが発生した場合には、誰が回避するのか、どのようにリスクを負担するのか、利益の分配はどうするのかという会社のシステムを監視することにもなります。

取締役会、監査役などは会社側ではなく、株主側の立場に立たなくてはならないのです。そのためには、詳細な経営理念を計画し、正しく実行することが必要なのです。

株主に理解されやすい、堅牢なコーポレイトガバナンスを構築すること、そして開示することが重要です。そしてこの監視組織には経営者を専任する権利もあります。経営者には情報開示の義務があり、与えられたインセンティブに忠実に経営を行なう責任を与えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ