コンシューマリズムは消費者が製品の判断をする理念

コンシューマリズムは消費者至上主義とも訳され、消費者の利益を保護するための理念を指します。消費者は製品やサービスについての品質や安全性を自らの判断によって選択することが必要です。そのための理想、理念、活動などのことを言います。

企業は消費者のこうした活動を詳細に把握し、分析することで、自社の経営戦略として活用し利益効果を上げるために利用しています。
製品やサービスを提供する企業は、独占企業であった場合には自社の戦略を押し付けるだけで商売として成り立たせることができました。

しかし、自由競争が活発化するようになると同様の製品やサービスを提供する企業が林立し、選択権は消費者が握るようになりました。もはや企業と消費者は対等な立場にあります。コンシューマリズムをないがしろにすると商売が立ち行かなくなるケースも考えられます。

特に環境問題が深刻化する中で、消費者が問題視する点についての配慮がない製品は排除される可能性が高くなっています。企業が業務を展開するにあたって大切なことは、グローバルな視野に立った製品作りです。

どんなに性能の良い製品であっても、購入者の立場が理解でいていなければその製品の価値は認められないのです。企業は、消費者のために窓口を設置して、製品をアピールしたり、苦情や相談を受け付けたりするような対応をしています。国でさえも国民の保護という立場を鑑みて、消費者センターの設置やPL法をはじめとする法整備に動いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ