金融機関で受けられるサービスの種類について

お金を借りるには金融機関を利用します。金融機関には種類があり、利用するケースや方法によって取引方法が異なっています。たとえば、銀行、郵便局、証券会社、保険会社、カード会社などがありますが、その他にもキャッシング会社や消費者金融があります。

それぞれに利用方法が異なりますし、金利や受けられるサービスに特徴と違いがありますので、しっかりと把握しておくと損をしないで済みます。給与の振込など最も多くの人が利用しているのが銀行で、サービスとして預入、払戻し、貸付、住宅ローン、為替の取引などをおこなっています。

普通銀行の他、信託銀行、協同組合金融機関などがこの範疇に含まれます。
証券会社では有価証券の売買や仲介、取次などの業務を行っています。また、証券の購入についての相談をすることもできます。証券業は内閣総理大臣の認可による登録が必要です。店舗型とネット型があります。

保険会社も金融機関のひとつですが、証券会社は金融商品取引法に基づいて認可を受けていますが、保険会社は保険業法による営業免許を受けて業務をしています。生命保険会社や損害保険会社が含まれますが、保険業務をサービスの主軸としています。中には貯蓄タイプの商品もあり資産運用の手段として利用する人もいます。

郵便局では、預金の預け入れ・払い出しができますし、保険も取り扱っていますが、正式には金融機関でありません。民営化した郵便局株式会社が取り扱っているゆうちょ銀行、かんぼ生命などの商品を利用する際の窓口機関なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ