先物取引は派生商品(デリバティブ)の一部である

先物取引とは、金融商品である派生商品(デリバティブ)の1つのことです。価格が変動するものについて、将来の売買において決まった額での取引を担保するものを指します。

簡単に言うと「あるものを、将来のある日に、今取り決めをした金額で取引することを約束する契約」のことを指し、仮に将来、価格変動が起こったとしても、金額が担保されているので、保険のような役割を果たす金融商品であることが特徴です。

もともとは株式・外国為替などの金融商品や、穀物・金など実物商品の価格変動によるリスクを回避する為に開発されました。例えば、今の市場価格が1,000円であるみかんを、買い主であるA社と売り主であるB社が取引をする際、3ヶ月後に1,100円で取引をする約束をします。

3ヶ月後のみかんの市場価格が1,200円になっていれば、A社は実際の1,200円ではなく、1,100で購入できるので利益が出ますが、B社は通常よりも高い安い金額で売ることになるので損をします。逆に市場価格が1,000円だとすると、B社が得をしA社が損をします。

レバレッジをかけることが出来るのも大きな特徴で、これは「てこ」のことを指しますが、投資の場合少ない元手で、多くのお金を動かすことが出来るということを意味します。例えば、100万円で1,000万円のお金を動かす、と言った具合。この場合のレバレッジは10倍になります。

実際所有しているお金よりも多くのお金を動かすことが出来るので、高いリターンが期待できる一方で、元手を超えて損失が出る可能性もあるため、先物取引はじめ派生商品(デリバティブ)はハイリスクハイリターンであると言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ