自己破産のメリットとデメリットを知っておこう

自己破産とは、裁判所で手続きを行い、支払いが不可能であると判断された場合において、税金を除くすべての債務の支払いを免除されるという制度です。メリットとしては大きく3つあり、第一に、債務の支払がすべて免除されること。第二に、破産の手続きを開始した後は、債権者が強制執行(差し押さえなど)ができなくなること。

第三に、ある程度の財産を手元に残せることです。一方、デメリットとしては第一に借入が出来ないこと。今後約5~10年間は借入が出来ず、いわゆるブラックリストとして登録されます。また住所や氏名などの個人情報が「官報」に記載されます。免責決定がおりるまでは、警備員や士業(弁護士、税理士など)に就くこともできません。

一般的に自己破産の手続きをする際は、弁護士または法律事務所に相談します。流れとしては、まず弁護士等に相談し、デメリットや費用等について説明を受け、債権者に調査のお願いをした上で取り立てを止めます。

破産申立に必要な書類を準備した後、自己破産の申立を作成して、管轄の地方裁判所に提出します。免責が認められると、すべての借金を返済する義務がなくなります。

免責が認められないケースもあります。例えば浪費やギャンブルが原因で多額の借金をした場合などは、免責不許可事由とされています。同様に申立に当たって、財産を所持しているのにも関わらず隠しているケースなどでも免責不許可事由に該当します。原因によって異なるので、気になる人は弁護士に相談しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ