需要と供給のバランスによって調整する市場経済

市場経済とは、需要と供給のバランスによって、需給調整または価格調整が行われる経済のことで、これを重要視する経済を市場主義経済や自由主義経済などと言われます。また対立する概念としては計画経済があります。

これは、政府が需要や供給を管理する社会のことを指し、基本的に市場経済とは、自由放任主義による完全なる競争を理想としていますが、本来の機能を発揮できない状況である「市場の失敗」というものも存在します。この問題を解決、もしくは緩和するために政府が介入するケースがあり、多くの国でも同様の措置が行なわれています。

メリットは、必要性のある商品の価格が上昇し、利益が上がることで生産も増加することで、これによって、社会が需要に簡単に応じられることがメリットの一つになっています。

また、競争原理が働くため労働者の勤労意欲が上昇し、生産性の向上や投資の増加が起こりやすくなっているのも特徴で、成長を促進してくれるのも大きなメリットです。
一方デメリットとしては、市場の失敗が起こる可能性があることで、例えば、利益追求を求めるあまり、環境に負荷を与えてしまうケース(排気ガスなど)があります。

市場メカニズムによって資源配分が決定されるため、倫理観に欠けること(穀物の価格上昇による餓死者の増加など)もデメリットの一つです。その問題解決の為に政府等が介入し、解決もしくは緩和させようとする機能が働きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ