社会保険は社会保障の一つで、相互扶助で成り立っている

社会保険とは、日本政府が提供する社会保障の一つであり、国民が生活する上で発生しうるリスクである病気やケガ、高齢化による収入低下、失業や労働時における事故、介護などに備えるサービスのこと。その種類は、年金、介護、医療、雇用、労災の5種類あり、基本的にはすべて強制加入となっています。

成り立つ仕組みとしては、社会生活を営む人が共同で財貨を拠出(支払)して、共通の財産を構築、その財産によって安定した社会にしようとするものであり、前もって取り決められた条件(事故等)が発生した場合にその財産から給付されるような仕組みになっています。国民の相互扶助によって成り立っています。

すべての国民が強制加入になっていることも特徴の一つです。主に保険料で運用されていますが、医療保険や介護保険などは被保険者が一部を負担しており、また個人だけでなく、法人も負担しています。

また、国庫負担金や地方公共団体なども費用を負担しています。
対象者によっても分類が可能です。会社員は健康保険や厚生年金、公務員は共済、船員は船員保険、自営業者などは国民健康保険や国民年金などに分けることが出来ます。

またその一部である医療保険は給付によりさらに細かく分類が出来ます。健康保険や船員保険、国民健康保険、日雇健康保険、共済組合などです。このように対象や給付によって分類できることも大きな特徴の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ