上場企業のメリット・デメリットと証券会社の意味

上場企業とは、証券取引所に株式を公開している企業のことです。日本における証券取引所は、東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック、ヘラクレス、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所があります。

今までは、広島、新潟、神戸、京都にも取引所がありましたが、新潟・広島は東京証券取引所に、神戸・京都は大阪証券取引所と合併しました。
上場企業になることを株式公開とも呼ぶことができます。これは未上場企業の株を証券市場において売買を可能にすることをいいます。

株を新たに公開することから、新規公開(IPO)とも呼ばれます。今までは、証券取引所に上場する方法と、日本証券業界に登録する方法とがありましたが、後者が廃止されジャスダックに移行したため、現在では上場する方法のみとなっています。

上場企業になることのメリットは、株式公開における機動的な資金調達が可能になることです。株主にとっては、株の売却によって、資本の回収が簡単になることがあります。さらに上場することで、企業の知名度や信用度のアップが見込まれるため、事業展開をスムーズにしたり、優秀な人材の確保が容易になることなどのメリットも挙げられます。

一方、デメリットは会社の株の価値を毎日、投資家から判断されることで、経営者が株主価値の向上についてどれほどの力量・素質があるのか厳しく問われることになります。またどのような人でも、お金さえあれば株を取引できることから、経営陣にとって、友好的ではない株主による敵対的買収が行なわれる危険性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ