消費支出の分類方法と具体的な項目について

消費支出とは、日本国民が生活を営む上で、必要となる家計の中の支出のことを指します。総務省統計局が毎月実施している家計調査によって算出され、経済指標の一つとなっています。

消費支出に分けられる項目は、食料費、光熱費、住居費、教育費、被服費、教養娯楽費、交通通信費、保険医療費であり、これらは生活を維持する為に必要な費用であることから、消費支出とされます。税金や社会保険料など消費が目的でない費用のことは、非消費支出と呼ばれます。

実収入から非消費支出を差し引いた物を可処分所得と呼びます。
総務省統計局は家計調査において、世帯が得た収入がどういった項目に使われているのかという、約550品目や用途に分けて調査します。使い方に地域差などがあるかなどを調査し、その結果を統計として作成しています。

家計支出における飲食費の割合のことをエンゲル係数と呼び、生活水準を示す指標であると言われています。一般的に生活水準が上がっている高校生以下の子供がいる家計では、エンゲル係数が低下し、その一方家計にしめる子育て費用の割合であるエンジェル係数と呼ばれる数値が高くなるという傾向があります。

さらに用途分類と品目分類との2種類に分けることが出来ます。用途分類はその世帯で購入したものをその世帯かもしくはその他の世帯で使うかという使用目的で分けること。品目分類とは、用途にかかわらず同じ商品は同様の項目に分ける方法のことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ