消費者信用は信用販売・消費者金融に大別される

消費者信用とは、収入などを勘案して行なわれる信用を与えること、またそれに基づいて行なうサービスのことを指します。その種類は大きく信用販売もしくは消費者金融に分けられます。例えば、クレジットカードなどでは、前者がショッピングに、後者はキャッシングに相当します。

信用販売については、信販会社が行い、消費者金融は貸金業者が実施、保証は信用保証会社がそれぞれ事業を行ないます。この場合における意味とは、人格的なものとは異なり、借りたお金を約束通り返済できることや、財産や代わりに返済出来る人がいるなど、借りたお金を返済するルールを守れる人のことを指します。

消費者信用には、販売信用と消費者金融とがあります。前者は物やサービスを買ったり借りたりする際に、その場で支払をせずにクレジットに基づいて後日支払うことです。消費者金融とは、クレジットに基づいて、お金を借りる取引のことを指します。

借入を利用した後は、決められた期日までに返済しなければなりません。
現在のような社会では、これらを利用して、物やサービスを購入できたり、お金を借りることが出来たりするメリットがあります。

ただ、安易な考えで利用することで、多重債務や自己破産になるという問題も含んでいます。また闇金融問題もあります。この事業を無登録で行なったり、違法な高金利で貸付けを行なう業者があります。この業者によって深刻な被害がもたらされる危険性もありますので、しっかりと見極める必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ