消費者庁の意味と、関連するそれぞれの法律

消費者庁とは、日本の行政機関の一つのことで内閣府の外局のことです。エンドユーザの視点から政策全般を監視する組織の実現を目的として2009年に関連法が制定し、発足しました。

役割としては、エンドユーザの声に耳を傾けて、担当している法律を施行すること、安全法に基づいて、事故等に関連する情報を集約して調査・分析を行なうこと、事故などに関連する情報を発信して注意を呼びかけること、必要に応じて各省庁と連動し、どの省庁も関連しない部分においては、自ら事業者に対する措置を取ることです。

消費者庁が担当する主な法律や制度は、消費者の安全法、契約法、景品表示法、特定商取引法、食品表示制度などです。安全法は、生命や身体、財産等の被害について情報提供をすることで、被害の防止を図ります。また消費者生活センターの設置なども定めています。

契約法は、契約に関し、事業者の不当な行為によって結ばれた契約の取り消し、不当な契約条項の無効などを行ないます。
景品表示法は、偽装表示や誇大広告、商品やサービスなどの不当な表示を規制します。

特定商取引法とは、訪問販売や通信販売、電話勧誘販売等で、トラブルになりやすい取引を対象として、事業者の不当な勧誘行為を取り締まる規制やトラブル防止・解決のためにルール(クーリングオフなど)を定めています。このように消費者を保護するも目的で設置された省庁の一つであり、縦割り行政に制限されないフレキシブルな動きが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ