生活設計を考える上ではワークライフバランスが必要

生活設計とは、将来に備えて行動指針を作ることです。社会環境の変化で、仕事一辺倒だけではなく、仕事と個人や家庭を考えたワークライフバランスなどの考え方も含まれます。過去の経験などをもとにして、将来と現在を相互に関連づけし、家庭や地域、コミュニティなどを軸として、自己決定・自己責任時代を主体的に生活する手法です。

特に職業選択や結婚、出産、マイホームなど、人生においてそれらをどのように位置づけるのかを主体的に選択することを求められます。その自分らしい生き方を実践するために、どのように実現して行くかが重要になります。ポイント1は、お金以外の資源も視野に入れることです。

お金は目標達成に欠かせませんが、人生を生きる上で必要なものとしては、お金だけではありません。自分の能力や家族、友人などの資源をどのように活用し、またどのような計画を立てるのかが非常に大切です。

ポイント2は、すべての世代が対象となるということです。生活設計を考慮する上で、注意すべき点は特定の世代を対象とした物ではないということです。自分の生き方や生活課題を自分で設定し、より充実した生活を求めながら、同時にリスクへの対応を考えるのはそれほど簡単ではありません。

ポイント3は、一定期間ごとに設計を見直すことです。生活設計は一度立ててしまえばそれで終了というものではありません。環境や家族構成、収入などの変化に対応して、見直しが必要です。出来れば定期的に見直しをすることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ