製造物責任法とは何か。その意義と制定されたいきさつ

製造物責任法とは、製造物の欠陥によって、損害が発生した際に製造業者などの損害賠償責任について定めた法律のことです。1995年に施行され、製造物責任という言葉を意味するProduct LiabilityからPL法とも呼ばれます。

この法律の意義は、製造業者に対して損害賠償を追求しやすくしたことです。本来、損害賠償を追求する場合は、原告側が被告の故意・過失の証明義務を負っている、つまり被害者(おもに消費者)が製造者側の過失を証明する義務がありました。

ですが、現実問題としてその立証は非常に難しく、実質不可能であることから被害者は損害を受けたのにも関わらず、損害賠償を得ることが非常に困難になっていました。このPL法は、被告の過失を立証することを要件としておらず、商品に欠陥があることを要件とすることで、賠償を追求しやすくしました。

日本において製造物責任法が制定される前は、民法が過失責任の原則を取り入れていることを前提にして、製造物にミスが存在していることをもって、製造者の過失を事実上推定する形により、被害者を救済してきました。

ですが、当時の先進国などが立法を検討していたことに影響を受け、日本でも1994年に同法が制定されました。製造物責任法における欠陥とは、設計上の欠陥、製造上の欠陥、指示・警告上の欠陥に分類されます。また本法における製造業者とは、製造物を製造したもの、加工した者、輸入業者も含まれますので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ