生命保険の具体的な種類と特約についてご紹介

生命保険とは、生活する上で起こりうる経済的損失に備えるもののことで、その経済的損失とは、死亡や医療、長生きすることによって起こる損失のことです。これは、多くの人々が保険料を負担し合い、万が一の場合に給付を受けることが出来るもので、多く人々の助け合いと相互扶助で成り立っている仕組みです。

もう少し分かりやすく説明すると、病気やケガ、死亡などで、一定の収入の確保の継続が困難もしくは不能になった場合に、経済的損失をカバーするためのものであると言えます。
その範囲には、死亡保障・医療保障・老後保障などが含まれます。死亡保障とは、死亡による遺族の生活費などに対する備えのことです。

医療保障は、病気やケガによる手術費や入院費などに対する備えのことです。老後保障とは、老後の生活費などに対する備えのことです。
日本においては主に生保会社が販売を行なっています。

主な種類としては、定期、終身、養老、定期保険特約付終身、アカウント型、こども、個人年金、変額などがあります。生保は主契約と特約を組み合わせることが出来る商品です。主なものを挙げると、医療、介護、リビングニーズ、ナーシングニーズ、災害割増特約などがあります。

また団体保険という形で、会社や官公庁などの団体に所属している人全体をカバーするものがあります。大量に処理することでコストが抑えられるので、個人保険に比べて保険料が安く済むことが多いことが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ