多重債務とはいったいどのような状態で原因は何か

多重債務とは一言で言うと、複数の金融業者から借入をしている状態のことを指し、特にその個人の返済能力を超えて借りている状況のことを指します。こういった事態が起こる原因としては、一つの借入先の借金の穴埋めをするために他の所から借り、それを繰り返すということで知らないうちに借金が増えて行くことが特徴です。

その結果として、債務不履行となり、夜逃げや自殺者などが出ていることが社会問題にもなっています。
こうした多重債務の原因としては、業界の動向も一つの原因であると言われています。消費者信用市場の拡大に伴い、業者間では顧客の獲得競争が起きました。

その結果、消費者が借入を容易にすると同時に、一人当たりの借入額を増やす結果となり、過度の借金依存世帯を多く発生させました。その金融業者による個人の支払能力を超えた貸付けにも原因があると考えられています。消費者側の安易な借入依存も一つの原因であると言われています。

多重債務が発生した場合、個人での解決は非常に困難になります。その場合は、弁護士が加入して、債務整理や裁判所に自己破産などの手続きを受けるケースが増えてきます。

早期の発見と解決が重要で、債務者に対する心理的ケアや家計管理の指導なども含まれるカウンセリングの充実が求められています。このような状態にならないためにも、金融商品についての知識を持つことも重要ですが、自身の能力を超えた無駄な借入をしないことなども大切になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ