知的財産権は功績と権益が保障されている財産権

知的財産権とは、無形のもの、特に成果や業績を認めて、その表現や技術などの功績と、権益を補償するために与えられている財産権のことで、知的所有権とも呼ばれます。一般的な財産権は、有形のもの個別に対して与えられるものですが、この財産権は無形のものに対して与えられます。

また知的財産とは、それを含む概念のことであり、知的創作物、営業上の標識、営業上・技術上のノウハウなども含まれ、この三つに大別できます。日本では、特許権、実用新案権、意匠権、商標権に分けられます。

特許権とは、特許権者に発明を実施する権利を与え、同時にそれを保護する権利です。実用新案権とは、物品の形状などに関わる考案を保護する権利のことです。意匠権は、工業デザインなどを保護するものです。

商標権はトレードマーク・サービスマークとも言われ、商標に業務上の信用力を保護する権利のことです。この代表的な権利は知財4権ともいわれます。
また著作権もその権利に含まれます。著作権とは、思想や感情の創作的表現を保護することで、著作権には細かくすると、複製権、上映権、演奏権なども含まれます。

近年の動きに、知的財産政策(ヤングレポート)というものがあります。これは政府が中心となり、真の豊かな生活の実現の為に、科学技術創造立国を目指すという必要性を説いたものです。その理念のもと、小泉首相の時には、知的財産戦略会議が設置され、知的財産基本法なども成立しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ