直接金融の意味とメリット・デメリットについて

直接金融とは金融のひとつの形態のことで、自らが持っている資金を、受ける側へ直接供給(出資・融資など)する仕組みのことを指します。その対義語として、間接金融があります。直接金融の特徴は、貸し手と借り手が直接金銭的なつながりを持つことです。

例えば、一般的に貸し手と借り手の間には仲介業者が介入することが多くありますが、仲介業者はその取引代行による手数料を受け取るのみで、資金の流れには関与していないことが多くあります。また債券や株式の取引は直接金融であるといわれています。この形態においては、債券や株式の価格が市場で決定されます。

その為、市場の実勢を反映して、資金が配分されるので経済が効率的になるというメリットがあります。
また借り手の倒産などによる債務不履行や資本金削減は、貸し手がすべて損失を被ることになります。

不特定多数の貸し手が借り手の財務状況を知ることが、市場に存立する為には必要不可欠である為に、クリアーな情報公開が制度化されることが必須です。業者の中でも証券会社が代表的な金融機関です。証券会社は企業と個人投資家の間に介入はしますが、借り手が債務を返さない場合などにはその責任は負っていません。

このように貸し手がリスクを負うことが特徴の一つであり、デメリットでもあり、取引する場合は、このようにリスクを負っていることを知る必要があります。つまり自己判断で投資をするということが重要であるということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ