間接金融は直接金融の対義語であり金融の一形態である

間接金融とは、金融の一つの形態であり、融資をする側と、受け取る側の間に直接的な資金の貸し借りがなく、間接的な方法で取引することです。特に、貸し手と借り手の間に資金を貸し借りする機関が入ることを指します。その対義語は直接金融です。

この形態の特徴は、仲介業者(銀行など)が存在しているということで、お金の貸し手と借り手の間には、仲介業者が介入しますが、仲介業者は、貸す側から一旦お金を借り、貸し手へと貸し出します。その為に、貸し手と借り手の間には直接的な取引は存在しません。

メリットとしては、金融機関が多くの貸す会社の小口資金を収集し、多数の借り手に融資できるという点がメリットです。また、大規模な資産ポートフォリオを組むことになる為、ここの貸す側リスクは低下します。

この場合、貸す側の債券が仲介業者の債務となり、仲介業者は、多くの貸す会社を顧客として持っている為、貸し手間の債権移転を振り替えることが出来ます。これは、流動性の高さを示すもので、貸し手は債権を現金相当物として見なすようになります。このようにして、信用創造を引き起こし、市場内のマネーサプライを増加させる特徴があります。

金融機関は、この貸す側へと支払う金利と借り手から受け取る金利の差で利益を上げています。また一方では、本質的には貸す側への債権を補償するのは金融機関ではなく、借り手です。そのため、どこに預けても同額の債権の価値は異なります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ