通信販売の種類と、最近はどのような動向になっているか

通信販売とは、小売業態の中で、無店舗販売としての一つの方法で、実際の店舗ではなく、メディアを利用することで商品を展示、そのメディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受けて、商品を販売する方法のことを指します。通販と略されることが多くあります。

インターネットの普及とアクセス端末の増大に伴い、通販と言えば、多くがウェブサイトによるものをイメージされますが、ウェブサイト以外にもカタログなども通販に含まれます。

その分類は、テレビ・ラジオやケーブルテレビなどの専門チャンネル、カタログ、フリーマガジンやダイレクトメール、新聞の広告、チラシ、インターネットのウェブサイト、ECサイトなどもその一つになります。場合によっては、インターネットオークションも含まれることもあります。

通信販売における支払方法は主に二つあり、一つ目は先払いで、消費者が注文に合わせて代金を支払し、販売者は支払が確認し次第、商品を発送するプロセスの一つです。もう一つは後払いで、これは注文後すぐに販売者が商品を発送し、到着後に消費者が代金を支払う方法のことです。

また決済方法は現金やクレジットカードなど、選択出来ます。商品に同封された用紙に記入して、金融機関もしくはコンビニ等で販売者に送金するやり方と、配達時の業者による代金引き換えサービスもあります。

事業主体は、昔ではカタログ販売専門が多くありましたが、最近では、非常に多様化しており、百貨店や専門店などの店舗を持つ業者でも通信販売を行なっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ