デビットカードの種類とメリット・デメリットについて解説

デビットカードとは、ペイメントカードの一つのことです。原則として、使用時に代金が口座から引き落としされ、その口座のなかに残高が無ければ使用することが出来ません。こちらは即時決済が基本となっているので、クレジットカードとは異なり、一部例外を除くと発行における審査は無審査となっています。

年齢制限がある場合でも下限は低く設定されています。総合口座定期預金やカードローン契約を加えることも出来、自動借入としての利用もでき、その場合の口座はマイナス残高となります。

種類には、オンラインデビットとオフラインデビットとがあります。オンラインデビットは、即時に預金口座から支払が行なわれます。

本人認証は暗証番号とサインの2種類があり、オフラインデビットは、オンラインとは異なり、決済は数日後となり、即日引き落としではないので、一時的にではありますがクレジットのように与信が発生することになります。本人認証する場合は、クレジットカードと同様に暗証番号もしくはサインを用いています。

デビットカードのメリットは、クレジットとは異なり、審査がないことから、クレジットカードの取得が難しい人でも口座開設とともに発行できることです。その反面、デメリットとして、オフラインデビットでなどでは、支払能力を超えた使用をしてしまう恐れがあるということです。いずれにしても、計画的に利用することが重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ