デリバティブ(金融派生商品)の特徴と種類について

デリバティブとは、金融派生商品とも言い、伝統的な金融取引(借入、預金、債権売買など)や実物、債権取引の相場変動による損失(リスク)を回避する為に、開発された金融商品の総称のことです。また日本語で「派生したもの」という意味を持ちます。

これは、ベースとなるものの変数の値によって、相対的にその価値が決められるような金融商品のことを指します。その取引では、債券や証券、実物商品や権利などを取り扱う業者が、将来におよぶ価格変動を回避するための契約の一つであり、原資産の数%を証拠金として提出することで、一定幅の価格変動リスクを市場参加者に保険するものでもあります。

その商品には、標準品や指数などがあり、利用目的としてはリスクヘッジ、スペキュレーションやアービトラージなどの目的があります。この取引の大きな特徴は、レバレッジ効果があることです。

その効果とは、小額で高額のお金を運用できるということで、こういった点からスペキュレーション(投機)的な目的があると言われています。
デリバティブ取引の種類としては、先物取引があります。

これは将来の定められた日に特定のものまたは経済指標を決められた数量、決められた価格で売り・買いを補償するやりとりのことです。先物の種類には、有価証券先物、有価証券指数等先物、通過先物、金融指標等先物、商品先物、スワップ、オプションなどがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ