電子商取引とはインターネット上で行なう売買のこと

電子商取引とは、インターネットや特定の顧客専用のコンピューターネットワーク上の情報通信によって、商品やサービスなどを売買したりすることを指します。略称としてeコマース・イートレードなどと言われます。英語では、Electronic commerceと表現されます。

もともと電子商取引とは、企業間における電子データ交換や銀行間の電子資金の移動のことを指していました。近年のインターネットの普及に伴い、不特定多数の参加者による企業体消費者間取引がWEB上で行なわれるようになりました。

この取引を規定する法令は、日本におけるインターネットによる一般消費者の国内業者からの商品の取引については特定商取引法に関する法律に基づいています。この法律の通信販売に関する事項が適用されます。電子商取引を利用するメリットは、売り手側からすると、その他の通信販売方法より、コストが節約できることです。

資金が少なくても従来に比べて安価で開業が出来るようになり、地理的に不便な地域でも、国内にとどまらず海外に住む人まで顧客にすることが可能です。また実店舗を持っている企業も、そのeコマースと実店舗を合わせることで、シナジー効果が期待できると言われています。

買い手側のメリットとしては、他の通信販売よりも低価格で商品購入が可能であることです。この背景は、売り手側のコスト削減に起因します。また情報収集がより効率的に行なえることです。さらに価格比較サイトなどを閲覧することで、より安価に目的の商品を購入することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ