電子マネーを利用することで、効率的な決済が可能

電子マネーとは情報通信技術を活用した、企業が提供する電子決済サービスのことです。これは貨幣経済が実質的に貨幣という物品によって取引されていた部分を電子的なデータによって決済する方法です。

この点において、電子的な通信で実質市場経済が動いている状態も一種の貨幣の電子マネー化と言えますが、一般的に電子マネーという場合は、決済手段を末端の小売レベルにまで押し進めた状態を指します。

その種類には、オンライン方式、オフライン方式、仮想マネー方式があります。オンライン方式とは、金融機関やクレジットカード会社やマネーのサービス会社のコンピューターと、小売店などの決済用端末をオンラインで接続し、決済を行なうやり方です。これはクレジットカードでの支払方法と非常に酷似しているため、流通しやすいというメリットがあります。

オフライン方式とは、金銭価値を電子化することで、磁気カードやICカードなどに記録し、小売店などの決済端末に置いてオフラインで支払する方法のことです。セキュリティの観点から、非接触型のカードが多くを占めています。

仮想マネー方式とは、仮想クーポンとして、ネットワーク間取引だけで利用する方法です。サービス会社のインターネット上のサーバーと利用者とのパソコンとの間でパスワードなどによって管理された電子化されたお金をやり取りすることが特徴です。最近ではその実用化が進んでいますが、互換性がまだまだなので、問題点となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ