投資のそもそもの意味とリスクについてご紹介

投資とは経済において、資本を将来的に増加させる為に、現在の資本を投じる活動のことを指します。いずれにしてもこれにはリスクが伴います。一般的な対象として、期待できる収益率が高い場合は、リスクも比例して高まります。金融における投資とは、金融資本を経済活動等を通じて、リスクのある対象に投下することを指します。

その対象としては、非常に様々な対象があり、それぞれリスクやリターンが異なります。これが必要となるケースは、経済や経営主体が自己資本に加えて追加的な資本を調達することで、大きな機会の創出が可能となるからです。

対象としては株式、債券、商品、不動産、為替等があり、株式は企業の将来の利益やキャッシュフローを元に価値が決められます。公開株式の場合、市場での取引価格は、需給要因や市場心理などを含めた金融市場環境によって変動します。

債券は企業やその他の団体などが、債券を発行した主体の利子や元本支払能力といった条件や、インフレ動向などによって価値が決められます。実際の価格は、このような条件への期待の変化、また需給動向、流動性などを反映して価格は変動します。

商品は、それぞれが持つ固有の需給動向を反映します。その中の不動産はマンションやアパート、土地などを指します。固有性の強い実物資本です。為替は、日本においては、その対象として注目されることが多いそうです。内容としては海外編お短期金利への投資などが含まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ