投資信託は投資家から集めたお金で投資すること

投資信託とは、多くの投資家により銀行など金融業者を通じて出資された資金をプールし、資産運用の専門家が、株式や債券、デリバティブなどの金融資産や、不動産などに投資し、運用成果を投資家に分配する金融商品のことです。

運用による利益や損失はすべて投資家に帰属します。略称として投信などと言われます。原則として元本保証はありません。銀行などの普通預金や定期預金に比べて、よりリターンが期待されますが、これは同様にリスクも含んでいるからです。

また今の日本経済の状況としてゼロ金利政策などが採用されているため、効果の高い金融商品として期待されています。また株式と異なり、証券会社であればどこでも売れて買えるという特徴はありません。

これは販売窓口が限定されているため、仮に証券を保管したり、別の証券会社の口座に移管した場合は、持ち込み先や新しい保管先では売却できないと行ったデメリットもあります。投資信託のメリットとしては、危険分散が出来たり、プロによる運用、やりやすさなどが上げられます。

鉄則として投資先の分散は非常に大切です。仮に相手先が一つ倒産していたとしても、その損失を少なく抑えることが出来るからです。また、個人においては常に市場動向を確認することは非常に困難で、その動向に応じて素早い反応が重要ですが、個人においては限界があります。こういった点においてもメリットが確認できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ