日経平均株価は日本を代表する企業の株価平均

日経平均株価とは、日本における株式市場の代表的な指標の一つで、日経225とも呼ばれます。ダウ式平均株価であり、東京証券取引所の第一部に上場している約1700の銘柄のなかから225銘柄を対象としています。日本経済新聞社が銘柄を選定しており、15秒ごとに算出し、公表されています。

日本の株価指数として東証株価指数と並んで普及しています。民間のみで形成される指標でありながら、政府の経済統計としても利用されています。またこの225銘柄は、取引が活発で流動性の高い銘柄が選ばれており、業種のバランスなども考慮した上、定期的に入れ替えが行なわれています。

この日経平均を利用した金融商品は世界中での多く販売されています。
この株価の名称は日本経済新聞社の登録商標です。日経という略称がこの株価においては正式名称となっています。

日経グループにその算出や公表権が移譲されてから、日経グループ以外は、それを平均株価などと呼んでいましたが、最近では日経の要請や、世界的にもNikkei225が普及したこともあり、最近では正式名称で呼ぶことが多くなったそうです。

銘柄の入れ替えは1970年から毎年数銘柄行なわれています。基本的には流動性の低いものと高いものを入れ替える傾向があります。

また2000年には構成銘柄を30種類入れ替えしたときもありました。その際、発表から実施までタイムラグが1週間あり、除外された30銘柄の売りが進み、採用された30銘柄の買いが進みました。その結果、高騰し後に指数が採用となったので、数値にずれが生じたことあったそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ