ニートの定義と、ひきこもりとの意味の違い・問題点

ニートとは、NEETのことで、教育、労働もしくは職業訓練のいずれにも参加していない状態のことを指します。英語での表記はnot in education,employment or trainingのことで、この頭文字をとって、NEETと表現されます。もともとはイギリスで提唱されたことがはじまり。

日本におけるその意味とは異なり、イギリスでは教育、雇用、職業訓練に参加していない16~18歳の若者のことを指します。
日本における定義では、15~34歳の非労働人口の中から、求職活動していない人のことを指します。

またこの中には学生や主婦は含まれません。失業者やフリーターとの区別をしており、失業者は労働力人口の失業者数に分類され、そのうち常用雇用での就労を希望している無業者であれば、ニートに分類されていません。

またアルバイトやパートタイムでの仕事を希望する場合においては少々扱いが異なります。アルバイト等の雇用形態で就労を希望する無業者のうち、求職活動に至っていなければそれに分類され、具体的な求職活動に至っている人であればフリーターに分類されます。引きこもりとの区別もあります。

厚労省の定義では引きこもりをその分類の中に含めており、実質的に同一のものとしています。ただ、内閣府が行なった調査によると、引きこもりに該当する人の数は69.6万人いると推計されると発表されています。この数と、厚労省の定義と実態とが合わないため、問題視されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ