ネットバンキングの意味とそのメリットについて

ネットバンキングとは、インターネットバンキングもしくはオンラインバンキングのことで、インターネットを介して行なわれる銀行取引のサービスのことを指します。インターネットを閲覧できる端末で利用します。このサービスと類似するもので、携帯電話を使って行なう取引のことを、モバイルバンキングと呼びます。

インターネットと金融取引は双方向性と即時性を持つことから、親和性が高く早い段階から普及して行きました。また既存の店舗における営業方法ではなく、インターネットを使った方法で営業する形の銀行も登場しました。

一部の地方銀行などでは、コンビニのATMと提携して、実店舗があるエリアだけでなく、全国に向けたサービス展開も行なわれています。また口座などの情報を顧客自身で利用する端末を経由して確認できることから、冊子タイプの通帳を発行しない口座も増えてきています。

通帳の省略は銀行にとっても経費の削減に結びつくため、通帳を発行しない方にとっては様々なメリットを受けることが出来ます。
ネットバンキングのメリットとしては、窓口やATMと比較して、在宅でも利用できることから、土日休日や夜間早朝でも利用できることです。

これが利便性の向上になっています。店舗が無い銀行などでは手数料が割安もしくは無料になる銀行も存在します。しかし、その反面、犯罪にあった場合は注意が必要です。銀行によって、補償にばらつきがあるので、しっかりと確認する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ