ノンバンクは銀行ではない金融機関のことで貸金などを行なう業者

ノンバンクとは法律で決められた銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などの金融機関以外で、貸金業務を経営する金融会社の総称のことを言います。預金によって、貸付原資を調達する銀行に対し、貸金業事業者は、資金調達を銀行からの借入や他の金融市場(社債など)で行ないます。

この事業を行なう為には、国あるいは都道府県知事への登録が必要です。登録先は大手業者のように複数都道府県にまたいで営業所を設置する場合は、内閣総理大臣の登録が必要。一つの都道府県に設置する場合は都道府県知事の登録先が必要となります。

ただ、営業所設置都道府県以外での営業は禁止されていないため、登録していない他県への営業活動をしている例がたくさんあります。
ノンバンクの業態としては次のようなものが上げられます。消費者金融、事業者金融、クレジットカードによる金銭貸付け、リース、抵当証券業などです。

消費者金融とは、個人への貸付けのことで通称サラ金とも言われ、また、事業者ローンは事業者への貸付けであり、通称商工ローンとも言われます。企業の経営者を対象として高い金利で事業用の資金を貸し付ける業態です。銀行と比較して無担保で融資までの時間も早いという特徴がありますが、高金利であることがデメリットの一つです。

クレジットカードによる金銭貸付けは、様々な企業が事業を展開しており、主にキャッシングサービスのことなどを指します。このキャッシングを展開している企業はノンバンクに登録していますが、ショッピングのみの企業は登録していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ