販売信用の意味と歴史、具体的なメリットについて

販売信用とは、信販会社などが信用を供与した会員などの買い物代金を立て替えをして支払うことであり、クレジットとも呼びます。またこれは消費者の信用形態の一つでもあり、割賦販売や商品あっせん、クレジットカードによる商品・サービスの購入などが該当します。

直接金銭を借入するというわけではないですが、借金の一種と見なすことが出来ます。まだ消費者の所得が低いころに、高額な電気商品や自動車などはその場で現金にて支払うことは困難でした。このような中で、消費者がより商品を購入しやすくする方法として、この方法は利用されました。

もともとは、商人や販売信用会社などが代金を立て替えて、後払いで代金を受け取っていました。ですが、手持ち現金の少なさの問題が生じるようになります。その為に、分割払い(割賦販売)をあっせんするような信販会社が登場するようになりました。

代金を消費者に代理で立替払いすることで、財務などが改善するようになりました。
信販会社が行なう割賦購入あっせんには様々な種類があります。一つは個別割賦購入あっせんです。

これは信販会社が不特定多数に対して、商品の購入ごとに信用審査を実施し、立替払いの可否を判断することです。また総合割賦購入あっせんも行なっており、いわゆるこれはクレジットカードのことを指します。信販会社が不特定多数に対して、事前に信用調査を実施、カード会員加入の可否を判断するということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ