ファイナンシャルプランナーとはどのような職業か

ファイナンシャルプランナーとは、顧客である個人から収支や負債、家族構成などをヒアリングし、その情報をベースにして住居や教育、老後などの将来のプランニングに即した資金計画などを行なう職業もしくは職種のことを指します。略してFPと呼ばれることがよくあります。ファイナンシャルプランナーになるためには資格が必要になります。

この資格は1級から3級まであり、国家資格の一つになります。大きく2種類の系統に分けることが出来ます。1つは銀行や証券会社などの金融機関や、不動産仲介業者等に勤務する企業系FPと、自ら事業所等を立ち上げ、独立自営する独立系FPとがあります。

また、企業内でその企業に勤める従業員に対して業務を行なう企業内FPも最近増えてきています。
また、公認会計士や税理士、宅建主任者等の専門業者が、各分野を特化させる形で業務を行なっている場合もあります。

例えば、税理士などは税金に関する事柄、また宅建主任者は不動産の事柄に関連して業務を行なっています。ファイナンシャルプランナーの規定倫理は、顧客の利益を最優先することです。つまり、特定の会社の金融商品のみを顧客に紹介してはいけません。この行為はFPの倫理規定に違反することになります。

FPのビジネスモデルはまだまだ未成熟であり、職業・職種としての歴史もまだそれほど深くないことから、手探りの状況である上、まだまだ大きな可能性を秘めている分野でもあると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ