マルチ商法とは何か。ねずみ講との違いとその歴史

マルチ商法とは、連鎖販売取引またはそれに類似した形態のことを指します。これは法律的な用語ではなく、厳密な定義はありませんが、通説としてよく使用される定義があります。その定義によると、連鎖販売取引、もしくはそれに類似したものに加え、連鎖販売取引のうち商品をもう一度売るもの、類似商法のうち悪質なものを指しています。

ねずみ講と類似点があることも特徴です。ねずみ講は金品配当組織で有ることに対し、連鎖販売取引を含むマルチ商法は、商品の組織であることで区別されています。この場合、商品と言っても価格がその商品の価値よりも著しく低い場合は、商品を売ることではなく、金品配当が目的であると判断され、ねずみ講とみなされることも多くあり、この点は判例があります。

もともとは、昭和40年代にアメリカの会社であるホリディ・マジック社がマルチレベルマーケティングと言われる商法と一緒に日本に上陸したころから、連鎖販売取引が始まったと言われています。

当時この商法に対する規制法律がなく、その取引において問題や事件が発生して、社会問題となりました。このことを受けて、1976年に法整備が行なわれ、訪問販売等に関する法律において、その取引の規制が行なわれました。

2000年には、特定商取引法に改称され、何度か法改正を重ね、現在に至っています。この商法は、数段階下からの不労所得のような報酬を勧誘時のネタにしています。「ダウン」と呼ばれる配下の加盟者を勧誘して加入、しかも一定以上の商品を継続的に行なう必要性があることが現実です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ