無店舗販売はどのような店舗をいうのかを考える

無店舗販売とは、固定店舗を構えないで商品やサービスを販売することを言います。これまでの商品販売は、BtoCビジネスが一般的でした。しかし、インターネットの急速な発展に伴い、BtoBビジネスに移行することで、これまでよりも安い価格で商品を提供することが可能となりました。

また、これにより顧客の反応を直接知ることができるため、顧客の嗜好やニーズを知ることで良好な関係が構築できるメリットがあります。
これらの代表的なものとして、訪問販売や通信販売があります。

これらの方法では、自分の商圏を好きに設定できるため、高齢化社会に向け少人数をターゲットにし、無店舗販売業界を成長させてきました。また、カタログや通販、テレビや新聞といったメディアを利用して、顧客から電話やメールを通して注文を受ける方法もあります。

ダイレクトに提供する方法では、セールスマンが商品サンプルやパンフレットを持参し、各家庭を訪問して商品を売る方法があります。特に、下着や化粧品などは、一般家庭に知人や友人を集めて定期的に実演や紹介をし、取引が行われていることで有名です。

田舎などでは、野菜や果物を一定の場所に置いて、商品と代金を交換する無人販売などがあり、さらに、公的施設を利用するケースでは、ホテルや駅の展示スペース、デパートの催し物会場などを使用します。また、季節行事やスポーツの優勝などに関連して、広い場所を借りてバーゲンセールを行う催事会場なども存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ