名義貸しは具体的にどのようなリスクが発生するのか

名義貸しとは、他人に自分の氏名や資格といった商号を貸して、契約を成立させることをいいます。弁護士や税理士によっては、申請や登録など必要に応じて、便宜上名前だけを貸すこともあります。しかし、これらの行為は違法行為と見なされます。

一般的に言われる名義貸しは、夫婦や家族間などを始めとする親しい間柄で、ローン等が組めない人に変わり、自分の名前で組むことがあり、しかし、これらの行為は、身内といえども将来的に自分の首を絞めるようなトラブルになる恐れが発生します。

このようなケースでローン契約をすると、支払い者は貸主になり、この場合、依頼者がそのローン返済を滞りなく、毎月支払ってくれれば何の問題もありません。しかし、万が一、その支払いが一度でも滞った場合には、ローン会社からの請求は貸主にいきます。

これは、社会的責任として貸主が購入したものであるという認識となるために、請求がくる仕組みとなります。また、法的に承認されているため、頼まれて購入したとしても言い訳にはなりません。

人に名義を貸してローンを組んでしまうと、ローンの支払い義務は本人だけではなく、貸主にも連帯責任となります。

信用がないからローンが組めないということを認識した上で、金が帰らない覚悟で貸す必要があります。金銭関係が絡むと人間関係は簡単に崩れるます。そのため、相手を信用して名義を貸すことは、その人との信頼関係がなくなるリスクもあることを認識する必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ