賃家するメリットは収入を得る他に借りる側も嬉しいポイントがたくさん

賃家とは、家賃を取って貸す一戸建ての賃貸住宅を言います。これは、アパートやマンションといった共同住宅ではなく、一戸建てタイプを指します。またそのタイプとしては3種類あり、新築時から貸し出し目的で建築されたもの、住宅購入後に経済的な理由で手放したもの、購入者が家賃収入を得る目的のために一定の要件で貸し出す建物を言います。

一般的に家主が賃家と呼び、借りる店子が借家と呼びます。賃家または借家にはさまざまなメリットがあります。特に日本では、借家を探す場合、アパートやマンションのような集合住宅ではなく、一戸建ての借家を好む人が大勢居ます。特に地方では、その傾向が強くなるようです。そのためそのニーズが多いことからしてもメリットとなります。

また、賃貸アパートやマンションの場合には、毎月管理費が必要となります。その金額を年間換算すると、結構高くなりますが、一戸建てには管理費は必要ありません。さらに小さくても庭があることも多く、ガーデニングや家庭農園として花や野菜を栽培することが可能です。

日本人は、特に土に親しむ本能や文化があるため、安心感を満たすことができます。赤ちゃんなどの幼子がいる家庭では、泣き声で隣室に迷惑をかけるということで、好む人も多いようです。また、一般的に、賃貸アパートやマンションではペットを飼うことは禁じられていますが、借家の場合には、例外はあってもペットを飼うことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ