ヤミ金とはどんな業者でその手法の特徴とは

ヤミ金は、日本ではヤミ金融、闇金など書かれ一般的に恐ろしいものと言われています。これらは、財務局や都道府県に貸金業として登録をしていない貸金業者をいい、また、貸金業として正規登録していても、違法な高金利を取る業者も含まれます。

日本で貸金業を営む場合には、国の機関や都道府県などの自治体に貸金業としての登録が必要になります。しかし、闇金融はこうした登録を行わずに、出資法の制限を超える高金利を課した上で、人権を無視した惨い取り立てを行いますが、そのため、恐れられています。

過去にニュースとして話題になりましたが、その後も違法取り立ては行われています。
その手口は、ダイレクトメールや携帯などで勧誘したり、雑誌やスポーツ新聞広告に掲載しています。

場所によっては、電柱や公衆電話などにも広告を貼った違法行為をして宣伝していますが、特に恐ろしいのは、官報という自己破産者リストから、対象者にダイレクトメールを送ることもしています。これらの貸出金利は違法が多いようです。例えば、2万円を貸して10日ごとに1万2000円を利息として支払わせる手口があります。

これは、年利換算すると2.190%と、法的に違法金利になっています。当初は非常に低利融資条件を提示しますが、実際には超高金利を求めるパターンが多いようです。近年では、保証金などの名目でお金を騙し取り、融資をしない融資詐欺や、高齢者を狙った年金を担保に高金利で貸し出すケースなどが多発しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ