預金保険制度はどのような制度の事を言いその対象について

預金保険制度とは、各金融機関が預金保険料を預金保険機構に支払うことであり、金融機関が破綻した際に、その一定の金額の保険金を支払うことで、預金者を保護する制度になります。これは、世界の多くの国で採用されている制度です。

日本では、昭和46年に「預金保険法」により定められた政府、日本銀行、民間金融機関の出資により、預金保険機構が設立されて制度の運営を行っていました。

具体的な仕組みは、預金者が預金保険の対象となる各種金融機関に預金を行うと、預金者とその金融機関の間、そして預金保険機構の3者間で、預金保険法の適用の元、自動的に保険関係が成立します。

これにより、預金者は預金保険に加入する必要はなくなり、また、この制度で預金保護機構に支払われる保険料は、対象金融機関が前年度の預金量等に応じて毎年納付します。

この対象となる金融機関には、銀行法に基づいて規定された銀行、長期信用銀行法として規定されている長期信用銀行や信用金庫、そして信用組合、労働金庫。または、信金中央金庫、商工組合中央金庫などがあります。

また対象となる預金範囲には、通常の口座である普通預金、当座預金や別段預金、各種の定期預金、通知預金、貯蓄預金、納税準備預金、定期積金、掛金、金銭信託と言われる、元本補てん契約、ビッグなどで使用される貸付信託、そして金融債(保護預り専用商品限定)が含まれます。

しかし、これらの中には、決済用以外の預金等で元本1,000万円を超える場合と、対象外の預金等と、これらの利息等は、場合によっては、一部対象外になることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ