予算生活とはどのような役割を担い、継続するコツを考える

誰しも収入には限度があるため、その範囲内で支出の計画を立てる必要があります。そこで、豊かで安定した将来の生活のためには、短期的または長期的な支出計画を立てて実行する必要が出てきます。

一般的に、計画的な家計管理を実践する生活を予算生活と呼び、これは、予算をたてて状況を自己評価するツールとしては、家計簿などの記録が有効と言われています。それは、お金の出入りを明確にするだけではなく、収入と支出のバランスを考えることができるからです。

家計簿を長続きさせる秘訣としては、家計簿やノートだけでなく、パソコンなどでも管理するとよいでしょう。そして、おおまかな数字から、金の流れを掴むようにして百円、千円単位でつけるとよく、費目は自分のライフスタイルに合わせて決めますが、おおまかに、基本生活費、ゆとり費、特別費、その他など4費目程度に分類します。

また、毎日つけることが難しい場合のために、事前に支払い金額がわかっている家賃などは、月初に書き出しておきます。最後に一時的な赤字は気にしないことです。月ごとの収支にこだわるのではなく、年間のトータルバランスで黒字になるように努力するとよいでしょう。

予算生活は、神経質になりすぎるとなかなか難しくなりますが、1年、3年、5年単位で人生を考えるときには、非常に計画を立てやすくなります。未来計画については、自分では詳細に決めることはできませんが、それでも未来のためにできることからすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ