老後について話題として出る401kの実態と出来た背景

国内では、急速に進む少子高齢化の影響により、福祉制度を支える労働力が目覚ましく減少してきました。結果、老齢世代を支える現役世代の負担が大きくなり、世代間扶養という公的な福祉制度の原則が成立しなくなったと言われています。

また、バブル崩壊以降、株価下落、低金利と続き、株式市場の低迷により運用収益が不振となった背景を受け、資産の積立不足増加と運用成績が振るわない状況を引き起こし、また、終身雇用制度が見直され、雇用環境の変化にともない年金制度に大きな変化をきたしました。

企業は、退職金を企業が委託して運用するのではなく、従業員独自で運用方法を選択する確定拠出年金制度を導入しました。結果、適格退職年金は、平成24年3月までに廃止され、他制度に移行する必要が顕在化したのです。これを401kと呼びます。これは、様々な状況に対処するための制度として企業型と年金型に分かれます。

企業型は、企業の事業主から掛金が拠出されますが従業員が加入者となります。そのため、各加入者がその管理資産についての運用指図を選択することになり、個人型では、自営業を営む者、あるいは企業型年金等対象者ではない、60歳未満の全従業員が加入者対象となります。

その加入者が自分で掛金を拠出して、個人別管理資産の中から運用指図を行います。ただしその出金は所得控除となるため、課税対象にはなりません。
401kのメリットは、運用益は非課税となり、年金として給付される場合は公的年金等控除になる事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ