リボルビング払いの返済方法と利用上の注意点

リボルビング払いとは、消費者金融やクレジットカードの返済方法のことを言います。一般的には、「リボ払い」「リボ」などと略されていますが、「フレックス払い」と呼ばれたりもします。リボ払いは、毎月指定された日に、指定した一定額を返済していく方式を言い、回数指定の分割払いと異なるのは、これは支払いが個別に指定されている事です。

しかし、リボ払いの場合は個別ではなく、残高全体について毎月返済して合計残高を減らしていくことになるのですが、残高に対して金利が発生し、また、毎月の返済義務額最少額をミニマムペイメントと呼びます。

リボルビング払いの問題点としては、借入額が金利と共に増加しているにも関わらず、毎月の返済額が変わらないことがあります。これは、借金をしているという意識が薄れるため、借入を増やすことにつながり、結果、借入額が増加するだけでなく、返済期間も長引き利息の負担になります。

特に、負債残高が分かりにくいために、利息の多さが実感できなくなることが多々発生します。実際には、残高に対して借入額が多くなると利息を支払うことになり、元本が減らないケースに陥り、そのため、カードローンや消費者金融利用者は多重債務に陥りやすくなってしまうのです。

クレジットカードによるショッピング枠は、貸金業法の規制を受けません。そのため、支払いをリボルビング払いに移行することを繰り返すと、返済に耐えられなくなるトラブルが急増しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ