流通の言葉の意味と市場で取引れている物との関係

流通とは、消費者と生産者の間にある商品やサービスを、生産者から消費者へと移動させることを言います。一般的に、これら2者の間には、卸売り業者や小売店などが主役です。また、流通では、遠隔地にいる生産者が消費者へ商品を輸送しますが、商品が生産されてから消費されるまで保管することも言います。

流通市場とは、「セカンダリーマーケット」と呼ばれ、既に発行された株式や債券などを取引する市場を指します。

ここには投資家がおり、その投資家や機関投資家などの間で有価証券が売買されています。これらの商いは、取引所取引と店頭取引の2種類で行われ、株式売買では、証券取引所やPTSと呼ばれる私設取引システムなどに注文が集められて、売買が行われのです。

また、債券売買では、銘柄数が数万以上あるため、一部の取引銘柄を除けば、ほとんどが店頭取引で行われており、現在では、取引所の統合や情報技術の進化により、世界中で取引が可能です。

また、市場では、発行済の株式や債券などが投資家の間で取引されていますが、新たに発行される株式や債券などの有価証券を、投資家が取引などをする市場を「プライマリーマーケット」と呼んでいます。

一般的にこの2つの市場がうまく機能することで成立し、なお、為替市場で決まった有価証券価格は、その証券に対する投資家の需給動向を示すといわており、新規発行では市場の価格を基準にして発行されるのが慣例となってのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ